ファクタリングの種類

投稿日:2017年1月30日 更新日:

ファクタリングの種類と特徴・違い

ファクタリングは、売掛金と呼ばれる物やサービスを提供した際の請求債権を買い取るというサービスを打ち出した、資金調達ビジネスです。

そのため、他にも「債権を買い取る」という形態を持つ多様なファクタリングが派生しています。

業種・業界によって、いくつかのファクタリングの種類が生まれてきているので、それについて調べてみました。

 

 

 

ファクタリングは4つに分類される

ファクタリングの方法は、現在4種類あります。

基本的には、活用する対象企業の業種などによっての違いで分類されます。

分類される方法は、「一括ファクタリング」、「医療・介護報酬ファクタリング」、「保証ファクタリング」、「国際ファクタリング」の4つです。

これらはそれぞれの業種に伴って適応しており、対象債権や資金調達スピードなどにいくつかの違いが見受けられます。


ファクタリング
種類
一括ファクタリング(2社間)一括ファクタリング(3社間)医療報酬債権
ファクタリング
保証
ファクタリング
国際
ファクタリング
取引形態2社間取引3社間取引3社間取引2社間取引3社間取引
対象債権の種類売掛債権売掛債権医療報酬債権売掛債権輸出債権
資金引受方法買取買取買取保証保証
相手先への通知不要必要必要不要必要
支払い元企業国内企業国内企業国保・社保の組合国内企業海外企業
資金調達までの
スピード
最短即日数営業日数営業日相手先の倒産時支払代金回収時
 

一括ファクタリング

一括ファクタリングは、一般的にも使われている通常のファクタリング方法です。

取引の形態が、2社間取引3社間取引といった違いがあるものの、売掛金(債権)を買い取るというファクタリング従来のシステムにおいて、資金調達が行われます。

そのため、融資(借金)というものではないので、資金調達までのスピードも早く、急な資金繰りにも即対応できる中小企業の経営者にはもってこいの資金調達方法です。

一括ファクタリングの詳しい特徴はこちら→ファクタリングの仕組み・流れ

 

 

 

医療・介護報酬債権ファクタリング

これは、その名の通り、医療や介護の機関・企業が利用するファクタリングとなります。

基本的な流れに関しては、一括ファクタリング(通常)とほぼ同じです

違う点は、ファクタリングの対象となる債権が売掛金(債権)ではなく、医療(介護)報酬債権だということ、そして支払う企業が国民健康保険や社会保険の組合や団体になることです。

取引先が公的な機関となるので、3社間での取引となりますが、基本的には通知だけして同意等は必要ありません。

すなわち、医療機関が行う公的なファクタリングといったところでしょう。

ちなみに、医療報酬債権の中には介護や調剤などでの債権も含まれています。

 

 

 

保証ファクタリング

保証ファクタリングは、他のファクタリングの方法とは少し毛色が異なります。

通常のファクタリングが売掛債権を買い取って現金化するのに対して、債権の金額を保証するという制度で行われるのが保証ファクタリングです。

つまり、債権の保険です。

利用する動機は、主に取引先の経営不安からです。

保証ファクタリングで売掛債権に保証をかけておけば、万が一取引先企業の経営状態が悪化して支払えなくなった際にファクタリング会社に支払ってもらえるという方法です。

一つの事業の期間が長く、多くの企業が関連するということから、建設・資材関連の企業の利用が多いようです。

ビルやマンションなどの大型建築ともなると、完成まで数年を要することがほとんどで、関連企業を束ねる元請けの企業の経営悪化によって連鎖的に下請け企業が被害を受けかねないということもあり、他業種より保証ファクタリングの利用が多いようです

また、保証ファクタリングにおいては「下請債権保全支援事業」という国の支援事業により、助成金を受けることができ、ファクタリングの手数料を軽減することもできます。

ちなみに、保証ファクタリングは取引先企業が支払い不可能の状態にならない限り、お金の動きがないので、特に相手企業への通知や承諾等もなく、依頼企業とファクタリング会社の2社間での契約・取引になるので、相手先にバレることはありません。

 

 

 

国際ファクタリング

国際ファクタリングは、要は海外企業との取引で生じる輸出債権(売掛金)を保証・買取を行うという方法です。

人もモノもグローバル化していく現在において、企業のグローバル化ももちろん進んでいます。

通常、輸出・輸入の貿易取引を行う場合、銀行から支払い確約のための信用状を発行してもらう方法を使いますが、この方法だと時間がかかってしまいます。

国際ファクタリングのサービスを提供している会社は、世界中の金融機関や他のファクタリング会社との連携ができており、輸出企業と輸入企業の間でタイムラグが生じることなく、取引を進めることができます。

この方法も支払い不能や不履行への対策として、債権を保証するという点で、保証ファクタリングと似ています

輸入企業が支払いを完了したら、輸出企業にお金が入る仕組みです。

タイムラグが生じやすい海外との取引には、非常に有効な方法だといえます。


 

 

-ファクタリング

Copyright© ファクタリングで即日資金調達!中小企業の資金繰りを見直す , 2017 AllRights Reserved.