ソーシャルレンディングとは?

投稿日:

ソーシャルレンディングとは?

ソーシャルレンディングとは、お金を借りたい人(「ボロワー」とも呼ばれます)とお金を貸したい人(つまり、投資家であり、「レンダー」とも呼ばれます)を、インターネットを通じて結びつけるサービスであり、近年にわかに注目を浴びている今までにない新しい形の金融の手法になります。このソーシャルレンディングは、中小企業の新たな資金調達の手段として期待されている方法でもあるのです。
通常は、中小企業の経営者が資金調達をしようとする際は、銀行や信用金庫などの金融機関と交渉することになりますが、このソーシャルレンディングにおいては、お金を借りたい側が希望金額、利息や返済期間などの条件をインターネット上で提示して、その提示条件に納得して資金を提供しようとする投資家側、ソーシャルレンディングの取り扱い業者を通じて融資を実行するというするシステムになっています。
なお、このソーシャルレンディングには、サービスの運営会社が審査をして借り手側の格付けを行い、貸し手が格付けに対して、どのくらいの金利でいくら貸付けるかを決定する方法(マーケット型)と、借り手側が、借り入れの目的や自社の信用度をプラットフォーム内でアピールし、貸し手側はそれらを判断材料として貸し出し先を決めるという方法(オークション型)とが存在します。

ソーシャルレンディングの魅力とは

それでは、こうした新しい仕組みであるソーシャルレンディングが期待され注目されているのは一体なぜなのでしょうか?
まず、お金を借りる側からみれば、通常の金融機関などを通じた借り入れより、圧倒的な低金利で資金を調達することが可能なのです。また一方で、資金を提供する貸し手側(投資家)からすると、現在の世界的な低金利の運用難の時代に、比較的高利回りの資産運用の手段として利用することができます。
このように、資金を受ける側と出す側の両社にとってウィンウィンのメリットがあるというわけです。
このことは、資金の借り手と貸し手を結びつけるソーシャルレンディングというプラットフォームが、非常に低コストで提供できることが大きな理由です。つまり、インターネットの活用によって、(金融機関などは比べものにならないほど圧倒的に)運営コストをカットできた分を低金利の資金調達と高利回りという投資家への配当という形で還元しているのです。

ソーシャルレンディングのリスク

もちろん、ソーシャルレンディングも金融のひとつのタイプですから、金融に内在する通常のリスクが存在することを忘れてはなりません。
つまり、投資家側からすれば、きちんと返済がされない可能性について念頭においてリスクテイクしなければなりませんし、そもそもソーシャルレンディングの運営会社の破たんなどのリスクも存在します。
このソーシャルレンディングは、まだ新しい手法であることもあって、通常の金融機関を介在した融資に比べてリスクに対する制度的なセーフティーネットが未整備であることも考慮しておきたいです。

まとめ

ソーシャルレンディングは、この日本だけでなく世界的に注目され急成長している新たな資金調達のシステムです。これは、すでに述べたソーシャルレンディングに伴う様々なメリットが評価されて期待を集めている証拠でもあります。
中小企業にとっても、金融機関からの融資ではカバーできない部分を補っていく新たな選択肢として期待の膨らむところです。
今後、このソーシャルレンディングにまつわる動向から目が離せません。

-コラム, ファクタリング

Copyright© ファクタリングで即日資金調達!中小企業の資金繰りを見直す , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.