ファクタリングは資金調達の手段

投稿日:

ファクタリングは資金調達の手段

ファクタリングとは、一言でいうと、企業の資金調達の方法として確立されている大変有用な仕組みのことです。

さて、それでは、このファクタリングとは、具体的にどのような仕組みで、企業の資金調達の手段として活用されているのでしょうか?
具体的には、企業が顧客や取引先にモノやサービスを販売して得た売掛金(代金債権)をファクタリングを取り扱う会社(このようなファクタリングをという仕組みを通じて債権を買い取る企業は「ファクター」とも呼ばれます)が買い取ることによって、資金が売掛代金債権の買い取りの対価として、当該企業に供給されるという仕組みとなっています。
ここで、売掛代金債権をファクタリング会社に譲渡して資金調達を受けようとする企業は、通常その債権を行使して顧客や取引先から代金を回収するよりも、早期に代金回収を行ったのと同じ結果となるというわけです。

ファクタリングのメリットとは?

さて、企業がこのようなファクタリングの仕組みを利用することには、どのようなメリットがあるのでしょうか?
まず、何といっても一番の効果は、ファクタリングを利用することにより、資金の早期回収を図ることができるという点が挙げられます。企業は、ファクタリング会社とファクタリングの利用に際してその利用条件などを契約で定めますが、その条件の範囲内において、自らが直面する資金需要などの状況に応じて、売掛代金債権を譲渡して通常の支払いサイトを待たずに売掛金の回収できるのです。
次に、このファクタリングには、償還請求権が存在しないという点もそのメリットといえるでしょう。従来、資金の回収早期にのために企業が活用していた主流だった方法として手形を譲渡するということが行われてきました。しかし、この手形譲渡という方法では、手形の譲受人が、万一最終的に譲渡された手形の支払いを受けられなかった場合(手形の不渡り)、手形の譲渡人に受けられなかった支払いの保証を求めてくるのです。これが、償還請求権ですが、ファクタリングにはこの償還請求権が無く、ファクタリング会社に債権譲渡したことで、確定的に資金の早期回収を図ることができるのです。言い方を変えると、譲渡された後の債権の回収は、通常決められていた通りの支払いサイトでファクタリング会社が行いますが、債権回収に伴う信用リスクは、債権譲渡した企業ではなく、ファクタリング会社が負ってくれます。ファクタリングは、資金調達としての機能が主要なものではありますが、同時に、リスクマネジメントに資するという側面を持っているのです。
また、ファクタリングには、手形譲渡(割引)で見られたような償還請求権という企業側から見たリスクが存在しないため、バランスシート上において負債とはならず、財務内容の改善(バランスシートのスリム化)に有用であるともいえます。

ファクタリングは中小企業にこそ必要な手段

従来、中小企業にとっての資金調達の方法としては、手形を譲渡して早期の債権回収を図るという手法が広く用いられてきました。しかし、手形取引がバブル期を頂点にどんどんと落ち込んでいる現在において、中小企業が身近に活用できる資金調達について、悩みを抱える経営者が増えている事実があります。
そのような状況の中で、特に中小企業の経営にとって力強い武器になりうるのが、このファクタリングなのです。

ファクタリングはこれから主流になる

ファクタリングは、アメリカにおいて100年以上前に開発されたスキームで、欧米では資金調達の手段として広く普及している一般的に認知されている手法です。
その一方で、日本においては、21世紀に入って15年以上経過している今日でも、ファクタリングという手法が充分に活用されているとは言えない状況が続いています。この背景には、日本における手形取引という独特の商習慣がありましたが、これからは、新たな手法として、ファクタリングが注目されていくに違いありません。

-コラム, ファクタリング

Copyright© ファクタリングで即日資金調達!中小企業の資金繰りを見直す , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.