ファクタリングの手数料! 相場・内訳・決まる要素とは?

更新日:

ファクタリングにも手数料がある

ファクタリングは、売掛債権を先に買い取ってもらうという資金調達方法の一つであり、ビジネスの一つです。 ファクタリングビジネスに参入しているファクタリング会社は、依頼企業からファクタリングの手数料を取ることで成り立っています。 一口にファクタリングの手数料といっても、案件や取り扱う金額などによっても異なってきます。 また、手数料にもいくつかの種類があるようです。 実際にファクタリングの利用を考えている経営者も気になる、手数料の割合や内訳、相場といった部分について調べてみました。

 

ファクタリング手数料の相場と詳細

ファクタリングの手数料で重要なのは、手数料の相場です。 どれくらいの金額の債権をファクタリングで資金運用するのか、取り扱うファクタリング会社の規模はどの程度かなどによって、手数料の金額も変わってきます。 そもそも、ファクタリングの契約状況によっても手数料の相場は変わってきます。 例えば、一般的な2社間でのファクタリング取引における手数料は、平均で全体の20%くらいと高めの相場となっています。 対して、3社間でのファクタリング取引だと、約5%程度と低めです。 この2社間と3社間の取引状況においての手数料の違いは、2社間ファクタリングの方がファクタリング会社が負うリスクが高いこと売掛先企業にバレないようにファクタリングの資金運用が行われるといった点が理由とされています。 では、そもそもファクタリングの手数料にはどんなものが含まれるのでしょうか。 一般的となっている2社間ファクタリングにおける、手数料の内訳について見てみましょう。 手数料と一概に言っても、全てがファクタリング会社の利益となるわけではありません。 他にも、登記費用、紹介料、印紙代などが手数料の中に含まれています。

 

中でも手数料のほとんどを占めるのが、登記費用です。 登記費用とは、ファクタリングの手続きを司法書士に依頼した時に発生する手数料の一つです。 基本的には債権譲渡登記をする場合に必要になる費用なので、売掛債権の金額には左右されにくいものでもあります。 登記費用に含まれるのは、債権譲渡登記及び抹消登記事務代行報酬、債権譲渡契約書の作成事務代行報酬です。 それ以外にも、印紙代として債権譲渡登記と抹消登記の登録免許税、債権譲渡契約書印紙代、登記事項証明書の交付にかかる費用、振込手数料の他、事務手続きの費用や交通費、日当等です。 これらの金額は、ファクタリング会社、交わした契約の内容、司法書士などの違いによって金額や内容には違いが出てきます。 そして、これらの取引や手続きの上で必要となってくる固定された手数料で、およそ10万~15万円くらいが相場とされています。 このため、手数料全体も自ずと割高に感じてしまうのです。

 

手数料を決める要素とは

ファクタリングでの手数料は、売掛債権ごとの取引履歴、債権の買取金額、売掛先の規模や業績の状況、支払いサイトと諸費用等を総合的に判断し、確定となります。 特に、売掛先に通知する必要がない2社間ファクタリングの場合、その性質のためにファクタリング会社が非常に大きなリスクを負うことになるため、手数料も割高になることがあります。 この際に、手数料を決めている要素というのは、債権の金額、売掛先与信、2社間取引か3社間取引なのか、利用の履歴があるかといったことなどになります。 これをもう少し詳しく見てみると、売掛先与信で与信力が高ければ手数料は低くなり、与信力が低ければ手数料は高くなります。 そして、債権の金額が高ければ手数料も高くなり、低ければ手数料も低くなります。 利用の履歴がなければ手数料は高く、利用履歴があれば手数料は低くなりますし、2社間より3社間の方が手数料は安くなります。 ファクタリングは表面上では融資(借金)ではありませんが、仕組み的には一時的に債権を買い取ることでお金を貸しているという融資ともいえるシステムです。 ファクタリング会社も利益のためにも依頼企業の与信に関しては、比較的に重視していると考えられます。 そのため、ファクタリングの取引においても、様々な要素をもとに、手数料を決めているということになるのです。

 

手数料についての注意点

手数料の金額決定に与信の面での影響も大きく関わっています。 それゆえ、売掛先企業の与信の評価が高いと手数料が安くなる可能性もあります。 かといって、与信評価が高くなる大手企業との取引だとしても、手数料が絶対に安くなるということはありません。 大手の方が優遇される可能性は高くなりますが、売掛先が一部上場企業であった場合でも手数料が必ず下がるとは言い切れないことには注意が必要です。 また、売掛債権の金額については、ファクタリング会社の本音としては金額が大きいものを買いたいと思っています。 ですが、初めての取引では利用者がきちんと支払いをしてくれるか、確信が持てないこともあり月商の3割くらいまで、と決めているファクタリング会社が少なくありません。 相談内容にもよりますが、コストがかかりすぎて利用会社が倒産することは、ファクタリング会社も避けたいからです。 手数料の固定費用を考えても、1件100万円以上の売掛金買取の方が好まれます。 また、ファクタリング会社の利用履歴についてですが、これは2社間ファクタリングの性質を考えれば、ある程度分かりやすい話だと言えます。 取引を重ねれば当然ながら与信の評価も高くなりますから、買取金額の上限額も徐々に高くしてもらえるようになります。 また、信用があればファクタリング会社が負うリスクも低くなるため、手数料は安くしてもらえるでしょう。

 

手数料を抑えるには

ファクタリングを利用する時、手数料を抑えられるなら抑えたいですよね。 そうすれば、資金として使える金額が多くなるためです。 では、どのようにすれば手数料を抑えられるのでしょうか? まず気をつけたいのが、2社間ではファクタリング会社にとって最も気になるのがリスクの問題だということです。 「リスクが低い会社」「信頼できる会社」ということを証明できれば、手数料を抑えられる可能性は高くなります。 また、売掛先の与信についてですが、売掛先が大手企業であるということよりも、その売掛先企業との関係性が判断材料として重要になるケースもあることに注意が必要です。 例えば、一部上場企業と取引していたとしても、まだ1か月しか取引履歴がない場合はほとんど意味がないのです。 逆に、会社の規模はそこそこであっても5年、10年などの長い期間、毎月同じだけ売掛金が発生していて、毎回きちんと振り込まれているという場合、かなり好印象となり、手数料が抑えられる可能性も高くなります。 過去にファクタリングの取引を利用したという履歴も、手数料を安く抑えたい場合には大きな要素となります。 そのため、資金調達の必要がなくても、少額の取引を行ってファクタリングの利用履歴を作っておいて、いざ本格的に大きな金額で利用したくなった時に手数料を抑えられるような準備をしておく、という方法もあります。 どの資金調達の方法も同じように、お金が動くので、そこにある程度の信用が必要になってきます。 信用を得ることが手数料を抑えるために重要なファクターとなってくると考えられるのです。

 

-ファクタリング

Copyright© ファクタリングで即日資金調達!中小企業の資金繰りを見直す , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.